テレビ会議システム TV MEETING SYSTEM

交通費や出張費を大幅削減!
パソコンとインターネット回線があれば、いつでもどこでも会議が可能。

テレビ会議システムとは

テレビ会議システムとは、物理的に離れた場所にいる人と人を結びリアルタイムでコミュニケーションをとることが出来るシステムです。移動時間や交通費の削減が期待できます。

ご予算や会議の内容により、アプライアンス、クラウドの選択が可能です。

アプライアンス:最高品質の映像で確実な会議をしたい
クラウド:いつでもどこでも誰でも気軽に利用したい

テレビ会議システムの特徴

特徴 01

クラウド型 CISCOWEBEX

  • 顧客、パートナー、従業員とより効率的にコラボレーションを行うことができます。世界中のあらゆる場所のチームと情報やアイディアを共有することができます。(必要なのはインターネットアクセスのみ)
  • 人員の物理的な移動なしに会議を行い、時間を節約してリソースを最大限に活用するとができます。
  • 場所や使用デバイスにかかわらず、機能の充実した会議への接続を維持することができます。
  • 高画質ビデオ、オーディオ、コンテンツ共有機能により、活発で生産性の高い会議を行うことができます。個人向けの Cisco® Collaboration Meeting Room を使用し、使用するビデオデバイスを問わず誰でも参加できるビデオ会議をいつでも実施することができます。
だれとでも、ぢ¥どこでも、どのデバイスでも会議が可能
特徴 02

アプライアンス型
ソニー PCSシリーズ

  • 1080p/1080iハイビジョン映像に対応

    1080p/30p、1080/60iのハイビジョン映像での通信を実現。高精細でなめらかな動きを再現できます。

    《1080p/1080iハイビジョン通信でのご注意》
    1080iモードの設定がされたPCS-XG80/XG80S同士の対向接続(単画面表示のみ)となります。1080pはコーデック対応で、入出力信号は1080iとなります。

  • 従来比1/2の帯域でHD通信を実現するH.264ハイプロファイル規格に対応

    ネットワークの帯域を広く取ることができない環境でも、HD通信を実現します。

    ※ 256kbps以上でHD映像通信が可能です
    ※ H.264ファイプロファイルは、IP・対向接続時のみ対応です

  • デュアルストリームによりHD映像とPC画面を最大30フレームで共有できる「データソリューション」機能を搭載

    HD映像(720/30p)とH.239によるPC画面(XGA/30fps)を同時に送受信可能。カメラ映像とプレゼンテーション資料のアニメーションなどをなめらかに再現します。

  • 通信中の映像にマーキング可能な「ビデオアノテーション」機能を搭載

    ペンタブレット(別売)(*)を使って、画面上にマーキングやポインティングが可能。PCのプレゼンテーション画面やカメラ映像に自由に書きこめます。

  • 高画質の標準カメラに「ブライトフェイス」機能を搭載

    画素ごとにコントラストを最適化する「ブライトフェイス」機能を搭載。プロジェクターを使った室内の映像や逆光状態など、明暗差の大きい環境でも鮮明な映像を実現しました。

  • どこにでも持ち運びやすいコンパクトサイズ

    基本性能を充実させ、コンパクトで場所を選ばない汎用性の高いビデオ会議システム。さまざまな用途・シーンで活躍します。

  • 簡単操作を実現

    ・RFリモコンの採用で、向きを気にせず卓上に置いてリモコン操作が可能です。
    ・わかりやすい半透過型メニューと、ワンタッチダイヤルで、簡単操作を実現しました。

  • 多地点会議機能(MCU機能)

    多地点接続用ソフトウェア(別売)をインストールすることで、親機になることができます。1台を親機とした場合、最大6地点の同時会議が行え、2台の親機をIPネットワークによりカスケード接続することで、最大10地点の同時会議が可能になります。

  • 異速度・異解像度混在通信

    IPネットワークとISDN回線の異速度・異解像度混在通信に対応しています。それぞれの回線のスピードおよび解像度が維持されますので、接続方式が混在してもシステム全体のパフォーマンスを損なうことなく通信が行えます。

  • インテリジェントQoS機能

    ネットワークのパケットロス率、遅延時間などの状況に応じて、Real-time ARQ / Adaptive FEC / ARCを最適に統合制御し、高品質な通信環境を提供するインテリジェントQoS機能を搭載しています。

  • パケット再送機能(Real-time ARQ(*))

    受信側が損失パケットを検出し、送信側に通知。送信側がその損失パケットをリアルタイム性を考慮して再送することによりロス回復する機能です。

NDSの強み

1

マルチベンダー

TV会議システムには様々なものがあります。マルチベンダーであるNDSはお客様の用途に
応じた最適システム選定のお手伝いをいたします。

2

トータルソリューション

システム選定から構築、保守までワンストップで対応いたします。導入後のお困りごとや、機能拡張のご相談まで親切丁寧に対応いたします。

テレビ会議システムを導入いただいたお客様

小売

某小売業様

全国500拠点のお店を展開する小売業様へ導入

各地域のスーパーバイザー様間の定期的な会議をオンライン化することで移動コストの削減を実現

介護

某社会福祉法人様

仕事の負担を軽減

多忙を極める施設長の負担軽減としてオンライン会議を導入。本来の業務に集中できる環境を実現。

電話でのお問い合わせはこちら/052-263-5051<電話受付時間:月~金9:00~17:30>